肥満だと言われたら体質改善しよう|健康的な状態を保つ為に大事

  1. ホーム
  2. 女性の大敵・冷えと闘う

女性の大敵・冷えと闘う

寒がる女性

冷えが与える悪影響

最近よく耳にする「温活」。温活とは字のごとく、身体を温め、調子の良いからだづくりをするための活動で、色々な方法が提案されています。身体が冷えることにより、どのような影響が表れてしまうのでしょうか。まず、免疫力の低下。健康なからだの体温は36.5度〜37.1度と言われています。しかし、現代では平熱が36.5度以下の人が非常に増えているといいます。体温が1度下がると免疫力が30%下がり、逆に1度上がれば5.6倍上がるのだそうです。そして冷えにより血流が悪い状態が続くと、肩こり、関節痛、疲れやだるさ、お肌の不調、女性の場合は月経痛や不妊などの症状を感じるようになります。このことからも、温活により、身体を温めることを意識して、体温を上げていくことはとても大切なことなのです。前述の症状に心当たりのあるかたは、温活にトライしてみてはいかがでしょうか。

自分に苦のない方法を

温活では色々な方法が紹介されていますが、自分に合うもの、合わないものがあると思います。毎日無理せず続けていくことが大事なので、自分で苦にならない方法を探してみましょう。家でゆったりリラックスしながらできるものとしては、アロマエッセンスやハーブなどを使った足浴や、入浴、生姜を使った温かいドリンクを飲む、など。また、坐骨を温めるのはとてもよいらしく、温座パットをあてて過ごすだけでも体がほんわりとしてくるかと思います。そして毎日摂る食事にも気を付けたいもの。身体を温める食材と、冷やしてしまう食材があります。同じ野菜でも、玉ねぎやにんじん、しょうが、にんにく、ニラなどは体を温めますが、トマト、なす、ほうれん草、キュウリ、レタスなどは体を冷やしてしまいます。たんぱく質では青魚や鶏肉、羊肉は温性です。これらの食材を意識して摂るようにしてみましょう。あとは身体を動かして筋力をつけ、血行を促進するのも大切です。だるいから、寒いからと縮こまらず、無理のないところからでよいので、定期的な運動を始めてみましょう。