肥満だと言われたら体質改善しよう|健康的な状態を保つ為に大事

  1. ホーム
  2. 負担が少ない

負担が少ない

ベッド

ボディラインにフィット

マットレスは、柔らかすぎても硬すぎても、体にとっては負担となります。具体的には、柔らかすぎるマットレスで仰向けになった場合、重みのある腰の部分が、大きく沈むことになるのです。これにより腰が過剰に曲がり、楽な姿勢を保つことが困難となります逆に硬すぎるマットレスは、重みではほとんどくぼみません。そのため腰の部分に全体重がかかることになり、やはり腰には大きな負担が与えられるのです。このことから昨今では、高反発マットレスが注目されるようになっています。高反発マットレスは、柔らかすぎず硬すぎないため、圧迫すると適度にくぼみます。仰向けになると、ボディラインに程良くフィットするため、腰のみに負担がかかるということがないのです。

健康トラブルを防止

腰は上半身と下半身とのつなぎ目の部分ですから、ここに負担がかかると、上半身にも下半身にも悪影響が及ぶことになります。肩こりや膝の痛みも、腰への負担が原因となっていることがあるのです。また、上半身と下半身との間で、血液の循環がスムーズにおこなわれなくなり、全身が血行不良の状態になることもあります。高反発マットレスを使用することは、こういった健康面でのトラブルの防止につながります。体への負担が少ないことから入眠しやすいということで、寝つきの悪い人や熟睡しにくい人にもよく利用されています。また高反発マットレスは、吸汗素材で作られていることが多く、睡眠中に出てきた汗を素早く吸い取ります。その点からも、快眠に役立つと言えるのです。