肥満だと言われたら体質改善しよう|健康的な状態を保つ為に大事

寒がる女性

女性の大敵・冷えと闘う

身体の冷えが、色々な不調につながってしまいます。冬だけでなく、夏も冷房環境などで、冷えにさらされてしまう現代。外的環境だけでなく、ストレスもその原因のひとつと言われています。冷えの怖さを頭に入れながら、少しずつ意識して過ごし、体温アップをしていきましょう。

ウーマン

女性に大事なホルモン

女性ホルモンの減少は肌の老化や更年期障害を引き起こします。そうした症状を予防したいなら、女性ホルモンを増やすことです。サプリメントでも女性ホルモンが増やせます。しかし、生理周期に合わせて飲み分けすることが大切です。

健康維持に必要なこと

お腹

ダイエットが必要

健康診断などの結果で肥満と判断される方は年々増えてきています。特に40代から60代の男性に多く3割ぐらいの方が肥満とされています。肥満とは、見た目が太っていると言うわけではなく、体に脂肪が異常に蓄積された状態のことを言い、一般的にBMIの指数が25以上の方が肥満と判断されます。肥満というのは病気の状態ではありません。しかし、この状態が続いてしまうと高血圧や糖尿病を引き起こし、高血圧や糖尿病が脳卒中や心筋梗塞を引き起こす原因となります。特に日本人の体は欧米の方に比べてインスリンの分泌能力が低く肥満になるとすぐに高血圧や糖尿病になりやすいため、改善することが健康な体を維持するためには大切です。健康な体にしていくためにはダイエットをしてBMIの指数を下げることが一番の方法です。

食事と運動の管理

肥満の状態から健康な体を作るためには、ダイエットをすることはとても大切です。しかし、いきなり厳しい食事制限と運動を行なうのはとても大変なものがあります。また、厳しい食事制限と激しい運動を行うとすぐに体重は落ちますが、再び元の生活をした時にリバウンドをしてしまう結果になります。そのため、理想体重を維持できるように生活習慣から見直す必要があります。食事の見直しはとても重要です。野菜や魚を中心に献立を考えることやバランスを考えることも必要です。また、外食をしても太りにくい食べ物を選べるようにすることも大切です。運動は激しいものはなかなか続かないので、継続して取り組めるウォーキングなどがおすすめです。食事と運動の管理ができてくると、次第に体は健康な状態になっていきます。

ベッド

負担が少ない

高反発マットレスは、体への負担の少なさから注目されています。柔らかすぎたり硬すぎたりするマットレスと異なり、ボディラインにフィットしながら適度にくぼむのです。これにより肩こりや膝の痛み、血行不良などを防ぎやすくなります。多くの場合、吸汗素材で作られているため、睡眠中の汗もすぐに吸収されます。